石上洋の米国税務・会計 Vol1『配当 』

石上越智会計事務所では、月に2回、アメリカの税務などに関わる情報を配信しています。
今回のトピックは「配当 」です。

配当

配当は企業のオペレーションで発生した利益(Net Profit)や余剰利益の持ち越し分である内部留保(Retained Earnings)など支払われます。支払側は受取側に対してForm1099DIVを発行しなければならず、受取側は確定申告時に所得として申告しなければなりません。

Qualified Dividends (適格配当)

キャピタルゲイン税率と呼ばれる通常の所得税率よりも低いものが適用されます。下記のリストを参照下さい。課税所得に対する所得税率が10-15%の場合は0%、15-39.6%の場合は15%、39.6%を超える場合は20%のキャピタルゲイン税率が適用されます。

所得税率 キャピタルゲイン税率
10/15% 0%
15-39.6% 15%
Above 39.6% 20%

保有期間

適格配当とみなすには、配当決議の翌日を基点にて60日前から始まる121日間のうち61日以上株式を保有していなければなりません (保有期間は株式購入の翌日からカウント)。なぜなら、配当のみを目的とした短期株式保有者に対してキャピタルゲイン税率という優遇措置を適用させないためです。これは、株式の売買で1年未満の短期保有には所得税率、1年以上の長期保有にはキャピタルゲイン税率が適用される原理と同じと考えられます。

下記の図を参照下さい。2017年7月9日に株式購入、2017年7月15日に配当決議、2017年8月12日に株式売却したとします。その場合、株式保有期間が2017年7月10日から2017年8月12日の34日間となり、配当決議59日前の2017年5月17日から始まる121日間のうち61日を越えていないので適格配当ではありません。

それに対し前題と同条件で一月後の2017年9月12日に株式売却とすると、保有期間が65日となり、適用配当とみなされキャピタルゲイン税率の対象となります。

優先株の場合は、配当決議翌日の90日前から始まる181日間のうち91日保有期間が定められています。

キャピタルゲイン配当

投資信託 (Mutual Fund) や不動産投資信託 (REIT/Real Estate Investment Trusts) からの配当で、所有期間に関わらずキャピタルゲイン税率が適用されます。実際に手元に入金されずに信託会社がキャピタルゲインを保持することがありますが、その場合も課税されるので確定申告書作成時には気をつけなければなりません。

企業への配当

企業が受け取った配当の一部は控除の対象となります。下記のリストを参照下さい。20%未満の持ち株会社は70%、20%以上80%未満の持ち株会社は80%、80%以上の持ち株会社は100%が控除の対象となります。

Ownership Deduction
20% < X 70%
20% £ X < 80% 80%
80% £ X 100%

下記からの配当は控除の対象となりません。

  • 不動産投資信託 (REIT)
  • 非営利団体
  • 配当決議翌日の45日前から始まる91日間のうち46日未満保有 (普通株)
  • 配当決議翌日の90日前から始まる181日間のうち91日未満保有 (優先株)
  • 投資信託など

貯蓄貸付組合 (Building and Loan Association)や相互貯蓄銀行 (Mutual Savings Bank)などからの配当は利子とみなされるので控除の対象となりません。

子供の名前で投資や貯蓄をしている場合、子供本人に対してForm 1099 INTやForm 1099 DIVが発行されます。それらの不労所得の総額が1000ドルを超えると子供にも確定申告義務が発生します。両親と一緒に申告することも可能ですが、金額が2000ドルを上回るとその一部が両親の税率を適用されるので、子供の名前での投資が節税につながるとは限りません。


石上越智会計事務所では、「あなたの笑顔が見たい」をモットーに、お客様目線の親切、丁寧、迅速な会計を日々提供していきます!  アメリカ全米の案件を担当。日本語での無料ご相談、お気軽にご連絡ください!

コメントを投稿する

ページTOP