アメリカ生活情報 Vol.11『 アメリカの教育:アメリカの学校・教育制度』

アメリカの教育:アメリカの学校・教育制度

アメリカの学校教育制度は、日本とは大きく違います。公立の学校は、管轄の学校区の取り決めに従って運営されています。学校のある地域によって学制や学期などが異なります。小学校から高等教育まで、システムの違いを正しく理解しておきましょう。

日本とは異なるアメリカの学校システム

アメリカの教育行政は、連邦政府ではなく各州に委ねられています。そのため、トランプ新政権が与える教育への直接的な影響はないと考えられます。教育行政は日本と異なり、各州の教育省の下にある郡教育局の、その下にある学校区の裁量で決定可能な範囲が広く、使用する教科書やカリキュラム、休日なども学校区ごとに決められています。

公立学校と私立学校の違い

公立学校(パブリック・スクール)と私立学校(インディペンデント・スクール)の大きな違いは、学費と教育の質。K-12の学校選びでは、学費の安さを理由にアメリカの約85%の生徒が公立学校を選びます。

習熟度別クラス編成で学力に応じた指導を実施

アメリカの高校は大学と同様、単位制。それぞれが異なる時間割に基づいて授業を受けます。

アメリカで230万人が利用 ホームスクーリング

アメリカでは、家庭を拠点に学習を行う在宅教育(ホームスクーリング)が認められています。

米国の発達した障害者学習

アメリカには日本よりも進んだ障がい者教育制度があり、学校はIDEA(個別障がい者教育法)により、個々の課題を見極め、適切な支援を無料で提供することが義務付けられています。

各項目の詳細情報、Full Articleはこちら、ライトハウスへ

コメントを投稿する

ページTOP