アメリカ生活情報 Vol.12『 アメリカの教育:アメリカ、日本の大学進学事情』

アメリカの教育:アメリカ、日本の大学進学事情

アメリカの大学教育の特徴や学費・奨学金の情報、求められる学生像についてまとめました。また、日本の大学進学事情についての情報も盛り込み、アメリカもしくは日本の大学に進んだ学生体験談も紹介します。

アメリカの大学進学について

~アメリカの大学で学ぶ価値~

アメリカの大学は、他に類を見ないユニークな教育システムを有しており、その教育を受けるために、世界中から2016年現在、100万人の留学生が集まってきています。アメリカの大学を一言で言えば、一人一人のポテンシャルを最大限に引き上げるための教育の場。日本や他の国の大学とは比べものにならないほど専攻の種類が多く、また進学後も自由に専攻が変えられるなど、学生本位の柔軟なプログラムが提供されています。さらに読む

 

アメリカの大学における学費とファイナンシャルエイドの最新動向

~FAFSA申請は10月1日から~

ここ数年アメリカでは、オバマ大統領が行ってきた政策の一環として、ファイナンシャル・エイドのシステムは大きく変わっています。2011年には「Net Price Calculator」と呼ばれるシステムが生まれ、年間でかかる大学に通うための費用や、学生が受け取る可能性のあるファイナンシャル・エイドを差し引いた自己負担額を算出できるようになりました。さらに読む

 

▶日本の大学進学について

~拡大する特別入試制度~

文部科学省の調査によると、日本には2016年5月1日現在で、計777校の大学があり、生徒数は増加傾向にあります(出典『学校数:全国大学一覧、在学者数:学校基本統計(速報)』)。そのうち、約400校が一般入試に加え、特別入試制度を採用しています。さらに読む

 

▶新入生インタビュー

・私が進学大学を決めた理由(アメリカの大学編)
Full Articleはこちら、ライトハウスへ

・私が進学大学を決めた理由(日本の大学編編)
Full Articleはこちら、ライトハウスへ

 

各項目の詳細情報、Full Articleはこちら、ライトハウスへ

コメントを投稿する

ページTOP