石上洋の米国税務・会計 Vol.24「申告ステータス」


石上越智会計事務所では、月に2回、アメリカの税務などに関わる情報を配信しています。
今回のトピックは「申告ステータス」です。

申告ステータス

申告ステータスの種類

申告ステータスは、税年度の最終日(一般的に12月31日)の状況によって決定され、以下の5種類があります。

  1. 独身 ( Single)
  2. 夫婦合算申告 ( Married Filing Jointly)
  3. 夫婦個別申告 ( Married Filing Separately)
  4. 世帯主 ( Head of Household)
  5. 扶養の子どもを持った寡夫  (Qualifying Widow(er) With Dependent Child)

次に、それぞれの申告ステータスについて説明します。

1.独身 ( Single)
12月31日時点で未婚、もしくは法のもとで離婚が成立している場合の申告ステータスは独身になります。  


2.夫婦合算申告 ( Married Filing Jointly)
12月31日時点で結婚していて、夫婦両方が合算申告に賛成の場合、夫婦合算申告を選択します。この場合、夫婦でひとつの確定申告を提出することになります。なので、収入や支出は夫婦両方を合わせたものを使います。例えば、夫婦共働きの場合、両者の給与を申告したり、夫婦で別々に車を所有している場合、DMVの登録費用は両者のものを申告できます。この申告ステータスは、他のどの申告ステータスよりも税金を低く抑えられる傾向にあります。これは、基礎控除額が高く設定されていたり、その他の申告ステータスでは使えない税制優遇が得られたりするからです。
 

3.夫婦個別申告 ( Married Filing Separately)
12月31日時点で結婚している場合でも、夫婦合算申告ではなく夫婦個別申告を選択することができます。自分自身の所得にかかる税金のみに責任を負いたい場合、もしくは夫婦合算申告を使うほうが税金が高くなる場合の選択として有効です。もし、あなたと配偶者のどちらか片方でも夫婦合算申告での申請に反対の場合は、必ず夫婦個別申告で申請しなければなりません。


4.世帯主 ( Head of Household)
あなたがもし下記の全ての条件を満たしている場合、世帯主として申請することができます。

  1. 12月31日時点で未婚である
  2. 持ち家にかかる半分以上の費用を税年度に負担している
  3. 扶養している子供、兄弟、親戚、両親等 (qualifying person) が持ち家に半年以上住んでいる。(例外:学校等による一時的な不在、もしくはqualifying personが両親の場合は一緒に住んでいなくても可)

申告ステータスが世帯主である場合、独身や夫婦個別申告と比べて税率が低く、基礎控除額が高くなります。  


5.扶養の子どもを持った寡夫  (Qualifying Widow(er) With Dependent Child)
配偶者が亡くなって扶養の子供がいる場合、その年は夫婦合算申告、その次の年から2年は”扶養の子どもを持った寡夫”で申告できます。例えば配偶者が2018年に亡くなった場合、2018年は夫婦合算申告、2019年と2020年は”扶養の子供を持った寡夫”として申告できます。しかし、ここには”再婚をしない限り”という条件がつきます。“扶養の子供を持った寡夫”で申告する場合、夫婦合算申告と同じ低い税率と、高い基礎控除額を使うことができます。

2と3の違い

夫婦合算申告をできる方が夫婦個別申告をすることはほとんどの場合、合理的ではありません。しかし、どちらか一方の収入が極端に多く、低い方に大きな医療費の支出があった場合には税金を減らせる可能性があります。何故なら、医療費は調整後総所得の7.5%を超えた金額が控除の対象となるからです。

例えば妻の医療費が1万ドルかかった場合、夫20万ドル・妻2万ドルの調整後総所得ですと、その7.5%は合算申告の場合 1 万6500 (22万×7.5%)で1万ドルを上回るので医療費の控除は取れません。しかし、妻のみの申告の場合 1,500 ドル (2万ドル×7.5%)ですので、限度額1万ドルから1,500ドルを差し引き、 8,500ドル (1万ドル-1500ドル)の控除を取ることができます。

下記が代表的な税率です。

Tax Bracket Single Married Filing Jointly Head of Household
10% Bracket $0 – $9,525 $0 – $19,050 $0 – $13,600
12% Bracket $9,526 to $38,700 $19,051 to $77,400 $13,601 to $51,800
22% Bracket $38,701 to $82,500 $77,401 to $165,000 $51,801 to $82,500
24% Bracket $82,501 to $157,500 $165,001 to $315,000 $82,501 to $157,500
32% Bracket $157,501 to $200,000 $315,001 to $400,000 $157,500 to $200,000
35% Bracket $200,001 to $500,000 $400,001 to $600,000 $200,001 to $500,000
 37% Bracket  $500,000+  $600,000+  $500,000+

 


石上越智会計事務所では、「あなたの笑顔が見たい」をモットーに、お客様目線の親切、丁寧、迅速な会計を日々提供していきます!  アメリカ全米の案件を担当。日本語での無料ご相談、お気軽にご連絡ください!

 

コメントを投稿する

ページTOP