格安で英語を学ぶESLについて

こんにちは!さくナビコラムライターのゴボニーです。

みなさんはどのくらいアメリカに住んでいますか?私はアメリカに来てから約8か月経過しようとしているのですが、予想通りなかなか英語が上達しません!

そこで前から気になっていた「ESL」について調べてみました。

■ESLとは?


ESLとは<English as a Second Language>の略で、英語を母国語としない人たちへの英語教育をするクラスです。アメリカのほとんどの州で行われており、教会や図書館、アダルトスクール(国が経営しているカルチャースクール)や大学などで開設されています。

 

■ESLの特徴と語学学校との違いは?


ESLの特徴は何と言っても「費用がほとんどかからない」ということが一番だと思います。もちろん大学などに設けられているESLクラスというのはそれ相応の費用がかかりますが、街中の教会や図書館などで開設しているクラスはとても格安なお値段で授業を受けることができるのです。

私自身、ESLクラスを探す過程でとても良いサイトを見つけました。

ESLIMというサイトで、近くで設けられているクラスを簡単に見つけることができます。


<参照>https://www.eslim.org/students/classes-schedules/

例えば、この中で見つけたPrince of Peace Church and Schoolという教会では火曜日か金曜日10-11:30amのクラスで、9月から5月にかけて本代として$40の料金制度となっています。このように、ほとんどのクラスは数か月の授業で$50以下(本も含む)や無料で授業を受けることができるのです。しかも中には小さなお子さんを預けることが出来るChildcareも設けられているので、授業に集中して励むことができます。

私は一時期語学学校に通っていましたが、学校に通うとなると、みっちり勉強できるというメリットはあっても、場所も限定されていて、ましてや授業にたくさんの生徒がいてなかなか先生とコミュニケーションが取れず、ひたすら授業を追いかけていくという事態になりかねませんが、ESLとなれば自宅から近くのクラスを選ぶこともできますし、授業数は少なくともどこのクラスも少人数制なのでアメリカ生活で一番重要な「会話」をする機会が増えるのではないかと思います。

ESLならご近所づきあいも兼ねて様々な人種と様々な世代の「英語を母国語としない」人たちと出会うことができます。語学学校や大学のクラスに行くよりも、手軽でゆったりと始められるのがESLの良いところだと思いました。もちろん、これで物足りない!と感じる方も多いと思うので、格安のESLを体験してから更に上を目指すのもありなのではないでしょうか。

ほとんどのESLでは申し込みの際にレベルチェックの意味を兼ねてテストが行われます。ここで点数が悪いからどうの、という話ではなく自身のレベルに合ったクラスを選ぶためのテストなので気を張らずに挑戦してみて下さい。

「アメリカに来たのはいいものの、英語分からないし、でもお金をかける余裕はないし…」と悩んでいる方はぜひお近くのESLのクラスを探してみて下さいね!

※過去のコラムで「なぜ日本人は英語で苦労するのか?」というテーマで英語の勉強に関する記事を掲載しています。こちらも合わせて読んでみてください!

コメントを投稿する

ページTOP