実はアメリカ発祥!?「母の日」について

こんにちは!さくナビコラムライターのゴボニーです。

5月に入るとやってくるのは「母の日」ですね。(今年は5月12日)皆さんは母の日がアメリカ発祥だったということはご存知ですか?私はアメリカのカレンダーを見た当初「へぇ、アメリカにも母の日ってあるんだー」なんてことを呟いたのを覚えております(笑)

ということで、今回はアメリカの母の日について書いてみたいと思います。

母の日はアメリカ発祥だった

母の日は世界各国にあり所説ありますが、日本の母の日はアメリカから伝わった風習と言われています。1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女アンナが、母の死をきっかけに「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりとされています。

この働きかけがアメリカ全土に広まり、1914年には当時の大統領ウィルソンが、5月の第二日曜日を「母の日」と制定し、国民の祝日となりました。

また、アンナの母親が好きだった白いカーネーションを追悼式の祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを飾るようになり、現在のように「母の日にはカーネーションを贈る」習慣が生まれたと言われています。

 

日本の母の日を5月にしたのはあのお菓子メーカー!

日本に母の日が伝わったのは明治時代の末期頃と言われています。その当時は、キリスト教関係者や団体の中でささやかに行われていました。日にちも当時の皇后様の誕生日である3月6日と、今とは異なるものでした。

母の日があまり普及しない現状を見て「もっと国民に広げたい!」と立ち上がったのは、なんと大手お菓子メーカーの森永製菓。お母さんを喜ばせるべく様々なイベントを開催し、母の日は徐々に全国へと浸透していきました。

その後、3月6日だった母の日は、アメリカにならって5月の第二日曜日となり、今現在の母の日となったのです。

 

アメリカでは全ての「お母さん」が母の日に感謝される

<出典>https://unsplash.com/

日本では一般的に母の日に贈る相手は「自分の母親」か「義母」、または旦那さんがお子さんと一緒に奥さんに贈るなんていうパターンもありますよね。

しかしアメリカでは「お母さん」である人、全てに贈ることが出来るのです。例えば、お祖母さんもお母さんのお母さんであるし、孫を持った娘もお母さんであり、子を持つ姉妹や名付け親、先生まで。ありとあらゆる「お母さん」のために母の日があるのです。

 

アメリカで母の日に贈るものは


<出典>Amazon.com

日本では母の日が近づくと、赤いカーネーションが所狭しと並びますよね。アメリカではカーネーションに限らず、バラなど様々な花が並びます。また、アメリカのAmazon母の日特集のページを覗いてみると、お花、洋服、ジュエリー、コスメ…などなど、プレゼントは日本と同様、本人が喜ぶものを送ったり、ギフトカードやメッセージカードを添えたりすることが多いようです。

母の日がアメリカ発祥だったなんて!あれ、では来月にやってくる「父の日」ももしかして…?それはまた、近いうちに!

コメントを投稿する

ページTOP