【金融・証券】新たに通過した引退プラン法案Secure Actに変わるIRAと401K規定

License Financial Plannerの呉 尚祐(お さんう)さんによるコラム記事です。

新たに通過した引退プラン法案Secure Actに変わるIRAと401K規定

新しい引退プラン法 Secure Act
2019年12月19日、アメリカの上院からアメリカ人たちの引退プランを向けたセービングを助けるための法案である Secure Actを通過させました。
これは2006年のPension Protection Actに続いて大々的にアメリカ人の引退プランに変化が生じたわけです。
この法案は2020年1月から適用になることが知られていたが移転と変わったことを比べてみました。

IRA最小引き出し規定(RMD)は70.5歳から72歳で調整
Traditional引退プランでの場合、無条件に規定された最小金額を引き出ししなければならない年が既存の70.5歳から72歳に上向き調整されました。
繰延税金のベネフィットを受けるTraditional引退プランの場合、RMD規定が指定する年齢になると一定水準の金額を無条件で引き出さなければなりません(Roth引退プランはRMD規定がありません)
例えば、今までは70.5歳になる年になると定められた引き出す値である27.4に分け、その金額以上を無条件に下ろさなければなりません。
(例えば、引退プランに$1,000,000があるなら、27.4で割った金額は$36,496になります)
もし、引き出しをしなければ引き出ししなければならない最小金額の50%がペナルティで策定になります(上の例の場合は、$36,496の50%の$18,248がペナルティがなります。)したがって、Traditional引退プランの所有者の場合、RMD規定は必ず認知していなければなりません。
2019年にすでに70.5歳を超えた方は既存の規定である70.5歳の規則に従って2019年12月31日前に、引き出したと思いますが、2020年1月からは新たな規定が適用されるので、72歳からRMDの引き出しをすることができます。

70.5歳以後でも払込が可能となる
これまでRoth Planのみ可能た70.5歳以後の払い込み(Contribution)がTraditional Planでも可能です。もちろん仕事をして稼いだ所得(Earned Income)があるという前提です。
引退年齢である65歳以後でも仕事をして所得を稼ぐのは、引退年金を増やす、非常に良い方法であるだけに、多くのベイビー・ブーム世代が出来る限り仕事をしようと考えられています。

相続したIRAは10年以内で引き出さなければならないです
多分、今回変わったことの中で一番核心的な部分の一つではないかと思います。
今までIRAは繰延税金されながらずっと投資され福利収益が得られるというとてつもないベネフィットのおかげで相続資産(Estate)としての価値がとても高かったです。
たとえば祖父が本人のIRAを子供や特に孫たちに遺産として残す場合、孫たちは繰延税金になる投資のベネフィットを数十年間受けながらIRAの規模をもっと大きく増やすことができました。
しかし、今回変わった改正案は相続されたIRAは相続でもらった後、10年以内にすべて引き出しをしなければなりません。
しかし、ここで除外されるケースは、相続者が配偶者になる場合、致命的な疾患がある場合、または障害がある場合です。
この規定は2020年1月から適用されるため、以降に相続した彼らにだけ適用され、2019年12月以前に相続を受けた彼らは、適用されません。
この規定はIRAをこれまで配偶者ではなく、他の家族に相続し、非常に有用な相続プランの一つだったベネフィットに重大な影響を与える部分です。

401Kプランの年金プランのオプション
引退時期が多く残っている職員の場合401Kに株式などの資産市場に攻撃的に投資をして、投資金が早く増えることを望んでいます。
しかし、引退時期が近づいたり、引退をしたらいつ下落するか分からない株式市場や債券市場に投資をするよりは安全な投資を好みます。
これまで雇用主らは保険プランの一つであるオニュティプルプラン(annuity plan)を自社の401kプランにオプションで入れる場合は、保険者(Insured)に万が一、何か起こる場合は不利益の可能性で躊躇したことも事実です。しかし、今回の改定案は積極的に401Kプランに追加でオニュティオプション(annuity option)を入れることができるよう雇用主を保護する案を作りました。
したがって、これからは401Kプランに加入した場合に引退時期が近づくと、該当プランをオニュティ年金で安定的に受けることができるオプションを雇用主から受ける可能性が高まりました。

スモールビジネスやパートタイム職員も401Kが可能になる
これまで401Kプランは事実上、規模が大きな企業で仕事をする時だけ受けられる引退プランでした。
事実上、中小企業は401Kプランをするためにかかる費用や規定に追いつくのが難しかったが、今回変わった改正案は中小企業が互いに参加して401Kプランを作ることを容易にしました。
勿論、以前にも中小企業が集まって該当プランを作ることができたが、同じ産業群の会社だけ可能にしてそのうちの企業に問題がある場合、他の企業も一緒に処罰を受けるなどの問題があってあまり活性化できなかったのも事実です。
しかし、今回の改正案は別々の産業群の企業にて参加して引退プランを構成することができるし参加企業中一つに問題があっても他の企業には不利益がないです.
また、401Kプランに加入させることができる職員を3年間500時間以上働いたり、1年間1,000時間以上働いたパートタイム職員もできるように変更になりました。

呉 尚祐(お さんう)総合保険,License Financial Planner
《日本語でお気軽にご連絡ください》

生命保険、ロングタームケア、引退計画(IRA、Annuity)
相続プラン、教育資金
車/住宅/ビジネス保険料節減

電話番号:410-979-2334
E-mail : ohswinner@gmail.com
住所:7617 Little River Turnpike, Suite 603 Annandale, VA 22003

コメントを投稿する

ページTOP