【金融・証券】ミューチュアルファンドの手数料 について

License Financial Plannerの呉 尚祐(お さんう)さんによるコラム記事です。

ミューチュアルファンドの手数料 について

あなたの金を蝕む誤った直観二つ

一つはミューチュアルファンドの手数料1%をたいしたことではないと受け止めること、二つ目は「安かろう悪かろう」という考えです。

1%の手数料、こんなに大きかったんですか?

普通ミューチュアルファンドに投資している投資家たちは1%の手数料をたいしたことではないと考えています。 しかし、投資において、特に引退資金の投資/管理において手数料1%はけっこう大きいです。 この投資金額は1~2年ではなく20~30年を考慮しなければないからです。

下の図は$100,000を収益率4%ミューチュアルファンドに20年間投資したものです。 ブルーはミューチュアルファンドの手数料が0.25%、レッドは0.5%、グリーンは1%と仮定したグラフです。

ブルーとグリーンのミューチュアルファンド手数料の差は0.75%だが、20年後の投資収益のブルーは210%で、グリーンは180%でブルーより収益率が30%も低くなっています。 $100,000を投資したので$30,000の差があり、$1,000,000を投資した場合$300,000の差があります。

ミューチュアルファンド手数料(Mutual fund fees)0.05%~2%

特定指数(例:S&P500は米国上位500大企業)に従うインデックスファンドは投資決定をするファンドマネジャーが不要で0.05%~0.25%と低く、ファンドマネジャーが投資決定をするActive Managedミューチュアルファンドの手数料は0.5%~2%程度と高いです。
下の図はVanguard Mutual Fundsリストです。 中央のExpense ratioがミューチュアルファンドの手数料です。

高価すべてが良いことではありません

“安かろう悪かろう”と言う言葉があります。英語では「You get what you pay for.」と言う表現があります。 高ければそれだけの価値があるという考え方は、非合理的な考えです。 誤った考えに基づき、大事な引退資金を手数料の安いインデックスファンドに投資するより高い手数料を払っても、ファンドマネジャーが管理するミューチュアルファンドに投資することは高ければそれだけの価値があるという考え方は、非合理的です。 手数料が高い多くのミューチュアルファンドがインデックスファンドの収益率より低い場合が多いからです。 さらに数多くのミューチュアルファンドの中からインデックスファンドより高い収益率のファンドを探すのは容易なことではありません。

Financial advisorwealth/investment management fee 1%は?

Financial advisor(wealth/investment management)もAsset Under Management(AUM)feeで1%程度チャージします。 上の図で見たように1%の差は、20~30年後にすごくでます。 また、高いからといってすべてがそれだけの価値をするわけではありません。
したがって、それだけの価値があるかどうかは、じっくり考えてみなければならないです。 直接判断が難しい場合は、Fee-Only Financial advisorと相談してみるのも良い方法だと思います。

合理的な人なら

手数料が安いインデックスファンドに長期投資するのが最善の選択です。 インデックスファンドより高い収益率のミューチュアルファンドを探すのに時間と努力を投資することより、望む人生を生きていくことに時間と努力を投資することをお勧めします。
みなさんのミューチュアルファンド手数料は何%ですか?0.5%以上の高い手数料のファンドをお持ちの方はいますか? あるならそれだけの値打ちをするのか深刻に考える時期ですし、今こそ早く信頼されるFinancial Advisorと相談して幸せな引退年金を作る絶好の機会です。

呉 尚祐(お さんう)総合保険,License Financial Planner
《日本語でお気軽にご連絡ください》

生命保険、ロングタームケア、引退計画(IRA、Annuity)
相続プラン、教育資金
車/住宅/ビジネス保険料節減

電話番号:410-979-2334
E-mail : ohswinner@gmail.com
住所:7617 Little River Turnpike, Suite 603 Annandale, VA 22003

コメントを投稿する

ページTOP